タグ:東京の記事一覧

モデル Kanayanさんにご来院して頂きました!

ブログ

2017年07月07日

こんにちは

湘南美容クリニック渋谷アネックス院 院長の平田レナです。

 

今日は私の大好きなメイクアップアーティスト・モデルのKanayanさんにご来院して頂きました!

 

image

 

顔が小さく肌もとってもキレイ!

 


image

 

コスメのディレクションもされている今注目のメイクアップアーティストです。

 

そんなKanayanさんに受けて頂いた治療はケミカルピーリングとビタミンCのイオン導入。

 

ケミカルピーリングとは、特殊な薬剤を皮膚に塗り、表皮の古くなった角質を剥離・除去し、皮膚のターンオーバー促進させる治療法です。

ケミカルピーリングにより毛穴のつまりが無くなるとニキビの予防になります。

また、肌のターンオーバーが促進されるとメラニン色素の排泄も促されるのでしみやニキビ跡の色素沈着も薄くなってきます。

 

ダウンタイムもほとんどないのでモデルさんやお仕事をされている女性に人気です!

 

私も昔はニキビ・ニキビ跡で悩んでいましたが、定期的にケミカルピーリングを受けるようになってから肌が綺麗になりました。

 

ニキビでお悩みの方はお気軽にご相談ください。

 

 

 

 

腫れぼったい目にはクイックコスメティーク埋没法がオススメ

二重手術

2017年06月25日

こんにちは

湘南美容クリニック渋谷アネックス院 院長の平田レナです。


本日は大人気埋没法 クイックコスメティーク法の症例をご紹介します。

クイックコスメティーク法はこんな方におすすめです。
・ダウンタイムが取れない→埋没法の中で究極に腫れづらい
・直後からメイクがしたい→表に傷が付かないので施術直後からメイク可能
・バレたくない→目を閉じたときに糸玉がぽこっとしない
・埋没法を繰り返したくない→挙筋法による埋没法なので瞼板法よりラインが薄くなりにくく、持ちがいい

それでは症例写真をご覧ください。

手術前

IMG_1862

手術一週間後

IMG_1929

 

手術前

IMG_1865

手術一週間後

IMG_1932

 

手術前

IMG_1864

手術一週間後

IMG_1933

 

クイックコスメティーク法の特徴は目を閉じても仕上がりがとても奇麗。

手術前

IMG_1863

手術後

IMG_1930

普通の埋没法は糸玉が表にあるので皮膚がぽこっとなることがありますが、クイックコスメティーク法ではそのような心配はありません。

家族や友達に自信を持って勧められる埋没法です。

埋没法でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

小陰唇縮小術でお悩みを解決できます

小陰唇縮小術

2017年01月26日

こんにちは

湘南美容外科クリニックの平田レナです。

 

本日も小陰唇縮小術を担当させて頂きました。

 

image


デリケートゾーンのことで悩んでいる女性は大勢います。

黒ずみ、大きさ、形、下着に擦れて痛いなど…悩みは人それぞれ。

 

海外の女性のようにデリケートゾーンの美意識が高くなってきていると同時に小陰唇縮小手術の需要が増えています。

 


海外ではlabiaplastyといい、とても人気のある美容整形手術です。

 

美容外科クリニックに足を運ぶことはとても勇気のいることだと思いますが、お悩みの方は一度カウンセリングにいらしてください。

 

カウンセリングに来ていただいたお客様の中には手術が必要ないという方もいらっしゃいます。中々他人のデリケートゾーンを見ることがないのでわからないですよね。

 

カウンセリングで症例写真をお見せします。
お悩みの方はお気軽にご相談下さい。

 


湘南美容外科クリニック 池袋東口院
コールセンター 0120-742-910

湘南美容外科クリニック 表参道院
コールセンター 0120-489-660

アトピー性皮膚炎と小陰唇肥大

小陰唇縮小術

2017年01月19日

こんにちは

湘南美容外科クリニックの平田レナです。

 

お客様から小陰唇縮小術の相談メールを頂いたのでご紹介します。

 

”性器の色、形や大きさで悩んでいます。 元々アトピー性皮膚炎があり、小学校低学年の頃から小陰唇、外陰部にかゆみが出てきました。徐々に小陰唇が大きく、黒くなっていきました。インターネットを通して小陰唇縮小術を知りました。小陰唇縮小術によって悩みは改善しますか?”

 

小陰唇縮小術のカウンセリングに来て下さるお客様にアトピー性皮膚炎をお持ちの方がいらっしゃいます。

アトピー性皮膚炎の方は、性器に皮膚炎が出やすいです。

アトピー性皮膚炎は小児の頃に発症することが多いですが、陰部が痒くなり、繰り返し掻いているうちに黒ずんでしまったり、皮膚が肥厚することがあります。

また、月経時に痒みが強くなり、皮膚がただれてしまい、炎症を繰り返すことにより皮膚が伸びてしまう方がいます。

 

皮膚が伸びるとショーツに擦れて痛みや痒みを引き起こすことがあります。

 

まさに負のスパイラル…

 

小陰唇縮小術によって余った皮膚を切除するとショーツに擦れることが無くなり、痛みや痒みといった症状が改善されます。

症状だけではなく、色や形も奇麗になります。

 

image

 

小陰唇の大きさや色でお悩みの方、お気軽にご相談ください。