タグ:平田レナの記事一覧

デリケートゾーンの悩み

小陰唇縮小術

2017年03月07日

デリケートゾーンの悩み。
 
 
前から気になっていたけど、
誰にも言えなくてずっと悩んでいました…
 
 
そんな方が大勢いらっしゃいます。
 
 
生理中にかぶれる
下着に擦れて痛い
色が気になる
大きさが気になる
産後形が変わったなど。
 
 
まわりの人がどんな形をしてるかわからないから自分がふつうかわからない…
 
 
皆同じような悩みを持っています。
 
 
もう1人で悩まなくて大丈夫
 
 
同じ悩みをお持ちの方が一日何人もカウンセリングにいらっしゃいます。
中には手術が必要ない方もいらっしゃいます。
 
 
クリニックに足を運ぶことは大変勇気のいることだと思いますが、
お一人で悩まずお気軽にご相談ください。

デリケートゾーンの悩み

小陰唇縮小術

2017年02月19日

こんにちは

湘南美容外科クリニック池袋院の平田レナです。




最近よく雑誌でデリケートゾーンのケアの特集をみます。



{F6C9E542-6CB0-4112-8A53-8D511D66E28D:01}




昔海外に住んでいるお友達に
なんで日本人はデリケートゾーンのケアをしないの?
と聞かれたことがあります。


外国人からしてみれば、脇毛もアンダーヘアも一緒…


なんで何もしないのか不思議みたいです。


でも最近はデリケートゾーンの美意識が変わってきていて、レーザー脱毛やブラジリアンワックスをする女性が増えてきています。

また、婦人科形成(小陰唇縮小術)の関心が高まってきています。


カウンセリングに来てくださる方のほとんどが、自分のデリケートゾーンが正常かわからないと仰います。


他人のデリケートゾーンを見ることなんてないのでわからないですよね…



デリケートゾーンの形、大きさ、色など様々です。


小陰唇縮小術を希望されてカウンセリングに来てくださった方で手術が必要ない方もいらっしゃいます。



”手術の必要がないということが知れて本当によかった、安心しました。”
と言われることが度々あります。


産後形が変わった気がする…
色味が気になる…
下着に擦れて痛い…など


悩みは人それぞれです。


カウンセリングで解決できることもあると思いますのでお一人で悩まず、お気軽にご相談ください。


ハーフ風平行型二重になれる埋没法

二重手術

2017年02月13日

こんにちは

湘南美容外科クリニック池袋院の平田レナです。

 

本日は埋没法二重術の中でも取れにくいフォーエバー二重術をご紹介します。

 

お客様のご要望は”ハーフ風平行型二重”。

普段アイテープで平行型二重を作っていましたが、くっきりとしたラインを作ることができなかったそうです。

埋没法を繰り返したくないため、フォーエバー二重術を選択されました。

 

それでは症例写真をご覧ください。

image

フォーエバー二重術のダウンタイムは数日から一週間。腫れのピークは最初の二日です。

二日後からメイクができるので週末に手術をし、月曜日から会社や学校に行かれる方が多いです。

 

普段からアイテープやアイプチを使われているかたならば周りからバレることはなく、メイクがとても楽になります。

 

私のこだわりは”自然なデザイ”。

平行型、狭い末広型、ハーフ風平行型、奥二重など…

image

お客様一人一人と話し合って時間をかけてデザインをします。

 

どんなわがままでもお申し付けください。

平行型二重でパッチリ愛され目❤︎

二重手術

2016年08月17日

こんにちは

湘南美容外科クリニックの平田レナです。

 

本日はフォーエバー二重術の症例をご紹介します。

普段はアイテープを用いて平行型二重を作っていた患者様。メイク時間を短縮したいため今回二重術を希望されました。

 

 

手術前

20160817_01

手術直後

20160817_02

手術1週間後

 20160817_03

 

自然なパッチリとした平行型二重になり、大人っぽい目になりました。

二重のデザインによって印象が大きく変わるので、患者様に一番合ったデザインを一緒に考えてくれるドクターを探して頂けたらと思います。

二重のデザイン、ダウンタイム、お値段のこと…

なんでもお気軽にご相談下さい

湘南美容外科クリニック 池袋東口院
コールセンター 0120-742-910
 
 
湘南美容外科クリニック 表参道院
コールセンター 0120-489-660
 
 

お得なモニター様募集しております

詳しくはこちらをクリック↓
 

ひみつの若返り法♥︎目の下の切らないたるみ取り

若返り治療

2016年08月09日

おはようございます

湘南美容外科クリニックの平田レナです

20160809_01

本日はひみつの若返り法“目の下の切らないたるみ取り”の症例をご紹介します。
 
 
従来目の下のたるみ取りの施術は下まぶたの直下を切開する方法が一般的でしたが、最近では”切らない目の下のたるみ取り”が主流です。
 
 
目の下のクマやたるみの多くは、加齢による筋力の衰えや皮膚の下垂によって発生します。たるんでしまった皮膚や、できてしまった凹凸を改善する方法として様々な施術があります。
 
 
目の下のたるみ(膨らみ)を改善する手術の中で最も人気が高いのが脱脂術です。
 
 
それでは”目の下の切らないたるみ取り” 
(経結膜脱脂術)の症例をご紹介します。
 
症例は40代の女性です。
 
手術前
20160809_02
 
手術1週間後
20160809_03
 
余分な脂肪を取り除いてスッキリした目元になりました。
 
 
手術前
20160809_04
 
手術1週間後
20160809_05
 
手術前
20160809_06
 
手術1週間後
20160809_07
 
 
本来ならば、目の下からホホの凹みに対して自身の脂肪を注入あるいはヒアルロン酸注入を行います。
 
 
注入をしないとこのように凹みが残ってしまいます。
 
 
今回の患者様は凹みに対して注入を希望されなかっため、脂肪による膨らみを除去する施術”目の下の切らないたるみ取り”のみ施術しました。
 
 
次の症例は“目の下の切らないたるみ取り”と脂肪注入を行った症例です
20160809_08
 
膨らみと凹みがなくなり、目周りが若返りました。
“目の下の切らないたるみ取り”と”脂肪注入”を同時に行うことで、相乗効果が発揮され、目の下が非常に若返ります。
 
クリニックによって施術内容や効果、料金は様々です。目の下のクマやたるみの原因は人によって異なりますので、ドクターとよく相談しながら、予算や希望に合わせてベストの施術を選らんで頂けたらと思います。
 
 
 
どんな些細な点でもご相談ください。
安心して手術を受けられるようにカウンセリングで詳しくお話させて頂きます。
 
 
 
 
湘南美容外科クリニック 池袋東口院
コールセンター 0120-742-910
 
 
湘南美容外科クリニック 表参道院
コールセンター 0120-489-660
 
 
 
 

お得なモニター様募集しております。

詳しくはこちらをクリック↓
 
 
 
症例写真はこちらをクリック↓