二重手術

“二重手術後鏡を見るのが好きになりました!”

二重手術

2017年10月06日

こんにちは。

湘南美容クリニック渋谷アネックス院 院長の平田レナです。

ご訪問ありがとうございます!

 

本日は埋没法の中でもダウンタイムが短く、取れにくいクイックコスメティーク法の症例をご紹介します。

 

今回ご協力頂いたモニター様は長年アイプチを使用しており、瞼の皮膚が伸びていました。

瞼の皮膚が伸びるとアイプチを使用しても奇麗な二重になりにくく、メイクをするのが毎朝大変と仰っていました。

今回は目を閉じても他人にバレることはない、ダウンタイムが一番短い埋没法 クイックコスメティーク法を選択されました。

 

クイックコスメティーク法は他の埋没法とは違い、瞼の表面に一切傷を付けることはないので手術直後からメイクをすることができます。通常の埋没法では糸玉が瞼の表にくるため目を閉じたときにぽこっとした膨らみができる可能性がありますが、クイックコスメティーク法では糸玉が瞼の裏(内側)にできるため、目を閉じてもバレることはないのです。

それでは症例写真をご紹介します。

image image image image

一ヶ月後アンケート 満足度オール5頂きました!

モニター様ご協力ありがとうございました。

 

二重のデザインはお客様一人一人、時間をかけて話し合い決めさせて頂きます。

毎日鏡を見るたびに、二重手術をやってよかった!

鏡を見るのが好きになった!と言って頂けたらうれしいです。

 

二重手術でお悩みの方は無料カウンセリングにお越しください。

お持ちしております。