小陰唇縮小術の記事一覧

小陰唇縮小術でお悩み解決できます

小陰唇縮小術

2017年05月18日

こんにちは

湘南美容外科池袋院 副院長の平田レナです。

 

週末になると小陰唇縮小術を希望させる方が多く来院されます。

まずはカウンセリングから担当させて頂きますが、皆様悩みは人それぞれ。

 

image

 

小陰唇の大きさ、形や色。

デリケートゾーンのことで悩まれている方は大勢いらっしゃいます。

 

皆様口を揃って、”正常がわからない”と仰ります。

他人のデリケートゾーンを見ることはないので自分の大きさや形が正常かわからないという方が多いです。

 

そんな方にはカウンセリングがおすすめです。

カウンセリングにいらして頂いた方で、手術が必要ないという方もいらっしゃいます。

 

デリケートゾーンのお悩みは中々人には話しにくい内容だと思います。

お一人で悩まず、ぜひカウンセリングにいらしてください。

デリケートゾーンの悩み

小陰唇縮小術

2017年03月07日

デリケートゾーンの悩み。
 
 
前から気になっていたけど、
誰にも言えなくてずっと悩んでいました…
 
 
そんな方が大勢いらっしゃいます。
 
 
生理中にかぶれる
下着に擦れて痛い
色が気になる
大きさが気になる
産後形が変わったなど。
 
 
まわりの人がどんな形をしてるかわからないから自分がふつうかわからない…
 
 
皆同じような悩みを持っています。
 
 
もう1人で悩まなくて大丈夫
 
 
同じ悩みをお持ちの方が一日何人もカウンセリングにいらっしゃいます。
中には手術が必要ない方もいらっしゃいます。
 
 
クリニックに足を運ぶことは大変勇気のいることだと思いますが、
お一人で悩まずお気軽にご相談ください。

デリケートゾーンの悩み

小陰唇縮小術

2017年02月19日

こんにちは

湘南美容外科クリニック池袋院の平田レナです。




最近よく雑誌でデリケートゾーンのケアの特集をみます。



{F6C9E542-6CB0-4112-8A53-8D511D66E28D:01}




昔海外に住んでいるお友達に
なんで日本人はデリケートゾーンのケアをしないの?
と聞かれたことがあります。


外国人からしてみれば、脇毛もアンダーヘアも一緒…


なんで何もしないのか不思議みたいです。


でも最近はデリケートゾーンの美意識が変わってきていて、レーザー脱毛やブラジリアンワックスをする女性が増えてきています。

また、婦人科形成(小陰唇縮小術)の関心が高まってきています。


カウンセリングに来てくださる方のほとんどが、自分のデリケートゾーンが正常かわからないと仰います。


他人のデリケートゾーンを見ることなんてないのでわからないですよね…



デリケートゾーンの形、大きさ、色など様々です。


小陰唇縮小術を希望されてカウンセリングに来てくださった方で手術が必要ない方もいらっしゃいます。



”手術の必要がないということが知れて本当によかった、安心しました。”
と言われることが度々あります。


産後形が変わった気がする…
色味が気になる…
下着に擦れて痛い…など


悩みは人それぞれです。


カウンセリングで解決できることもあると思いますのでお一人で悩まず、お気軽にご相談ください。


小陰唇縮小術でお悩みを解決できます

小陰唇縮小術

2017年01月26日

こんにちは

湘南美容外科クリニックの平田レナです。

 

本日も小陰唇縮小術を担当させて頂きました。

 

image


デリケートゾーンのことで悩んでいる女性は大勢います。

黒ずみ、大きさ、形、下着に擦れて痛いなど…悩みは人それぞれ。

 

海外の女性のようにデリケートゾーンの美意識が高くなってきていると同時に小陰唇縮小手術の需要が増えています。

 


海外ではlabiaplastyといい、とても人気のある美容整形手術です。

 

美容外科クリニックに足を運ぶことはとても勇気のいることだと思いますが、お悩みの方は一度カウンセリングにいらしてください。

 

カウンセリングに来ていただいたお客様の中には手術が必要ないという方もいらっしゃいます。中々他人のデリケートゾーンを見ることがないのでわからないですよね。

 

カウンセリングで症例写真をお見せします。
お悩みの方はお気軽にご相談下さい。

 


湘南美容外科クリニック 池袋東口院
コールセンター 0120-742-910

湘南美容外科クリニック 表参道院
コールセンター 0120-489-660

アトピー性皮膚炎と小陰唇肥大

小陰唇縮小術

2017年01月19日

こんにちは

湘南美容外科クリニックの平田レナです。

 

お客様から小陰唇縮小術の相談メールを頂いたのでご紹介します。

 

”性器の色、形や大きさで悩んでいます。 元々アトピー性皮膚炎があり、小学校低学年の頃から小陰唇、外陰部にかゆみが出てきました。徐々に小陰唇が大きく、黒くなっていきました。インターネットを通して小陰唇縮小術を知りました。小陰唇縮小術によって悩みは改善しますか?”

 

小陰唇縮小術のカウンセリングに来て下さるお客様にアトピー性皮膚炎をお持ちの方がいらっしゃいます。

アトピー性皮膚炎の方は、性器に皮膚炎が出やすいです。

アトピー性皮膚炎は小児の頃に発症することが多いですが、陰部が痒くなり、繰り返し掻いているうちに黒ずんでしまったり、皮膚が肥厚することがあります。

また、月経時に痒みが強くなり、皮膚がただれてしまい、炎症を繰り返すことにより皮膚が伸びてしまう方がいます。

 

皮膚が伸びるとショーツに擦れて痛みや痒みを引き起こすことがあります。

 

まさに負のスパイラル…

 

小陰唇縮小術によって余った皮膚を切除するとショーツに擦れることが無くなり、痛みや痒みといった症状が改善されます。

症状だけではなく、色や形も奇麗になります。

 

image

 

小陰唇の大きさや色でお悩みの方、お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

1 2 3