ブログの記事一覧

ぷっくり涙袋でかわいい目元

ブログ 若返り治療

2017年02月24日

こんにちは、湘南美容外科クリニックの平田レナです。

 

本日はヒアルロン酸による涙袋形成をご紹介します。

 

ヒアルロン酸を涙袋にほんの少し入れるだけでぷっくりした涙袋を作ることができます。

 

涙袋があると可愛らしい印象になります。
テレビや雑誌でもぷっくりした涙袋を持つアイドルやタレントさんが多いですよね。
施術時間はたったの10分
マイクロカニューレという特殊な針を使うので傷跡は残らず、痛みはほとんどありません。
ヒアルロン酸を入れる量によって、涙袋の大きさを変えることができます。
ほんの少しだけ入れるだけで自然な膨らみを作ることができます。
 
 
よく仕事後にスタッフさんの涙袋形成を担当させて頂いています。
 
 
image
 
 
お気軽にご相談ください。

【悩めるオトナ女子の保健体育】vol.3 妊娠線

ブログ

2017年02月13日

こんにちは

湘南美容外科クリニックの平田レナです。

 

現在サンキュ!ニュースで「女性の体の変化」について連載をさせて頂いてます。

その名も”悩めるオトナ女子の保健体育”。

 

“出産経験”のある女性の体の変化・悩みについてご紹介しています。

 

“出産経験”といっても、20代、30代、40代の体の変化は様々。

“出産経験”をした女性に起こりうることは多数ありますので、取り上げていこうと思います。



第3回の今回は、「妊娠線」について。

 

下記のリンクをクリックしてください。

【悩めるオトナ女子の保健体育】vol.3 妊娠線

 

image

 

 

 

二重手術はデザインが命

ブログ 二重手術

2017年02月07日

こんにちは

湘南美容外科クリニックの平田レナです。

 

本日は二重手術のデザインについてお話しします。

 

二重手術はデザインが命です。

 

デザインで二重の仕上がりが決まります。

 

image

私のこだわりは、お客様のわがままをとことんお聞きし、十分時間をかけるカウンセリングにあります。

 

二重術のシミュレーションはブジーという細い針金を使い、患者様のまぶたにあてて行います。

 

ご希望の二重幅や形を充分確認した上で、
さらに手術中にも確認しながら丁寧に施術を致します。

 

二重手術をお考えの方は、ご自分が納得いくまでデザインを一緒に考えてくれるドクターを探してください!

 

 

顔の若返りの秘訣は”ボリューム”

ブログ 若返り治療

2017年02月03日

こんにちは。


湘南美容外科クリニックの平田レナです。



以前もブログにUPしましたが、年齢を重ねると骨格、筋肉や皮下組織が立体的に変化していきます。


顔全体の構造を立体的に改善することでとても若々しい印象になります。



アメリカや韓国では顔を”heart shape” ハート型にするのが流行っています。
若く見られる秘訣は顔をハート型にすることです。

 


 ”heart shaped face”の作り方は色々ありますがお客様の顔の形によって施術方法は変わってきます。

様々な施術方法の中で本日は中顔面(ホホ)のボリュームを出す方法をご紹介します。

中顔面のボリュームを出す方法:
1)自分の脂肪をホホに注入するコンデンスリッチ法
2)ヒアルロン酸を注入する方法(vista-shape)
3)糸を使って注顔面をリフトアップする3Dリフト法
など。

本日ご紹介する症例は”目の下の切らないたるみ取り”と目の下からゴルゴ線に脂肪を注入した症例です(コンデンスリッチ法)。

手術前

image

中顔面のボリュームが減っているのがわかりますね。
目の下からホホ辺りに太ももから採取した脂肪を注入しました。

 

image

手術1週間後

image


中顔面にボリュームが増えたことにより顔がふっくらとして若々しくなりました。

職場で”最近キレイになったね”と言われるようになったそうです。
モニター様ご協力ありがとうございました。

 

“ハートシェイプフェイス”になり若返りたい方はぜひカウンセリングにいらしてください。
お客様に一番合ったオーダーメイド治療をご提供させて頂きます。

お気軽にご相談ください。


湘南美容外科クリニック 池袋東口院
コールセンター 0120-742-910
 

体の悩み 「乳輪の黒ずみ」

ブログ

2017年02月01日

こんにちは

湘南美容外科クリニックの平田レナです。



最近私のインスタグラムを見て来院してくださる方が増えております。

様々な体の悩みの中で、気になっているけどなかなか他人に聞けない「乳輪の黒ずみ」。

「人より乳輪が黒い?」
「ピンク色にどうしたらなれますか?」

出産前の20代の方から出産後の女性まで幅広い年代の方々からのご相談があります。



「自分だけ黒ずんでいるのではないか…」
そんなことはないのでご安心ください。
アジア人は欧米人よりメラニンが多いため、乳輪やデリケートゾーンは黒くなりやすいのです。



ですが、それでも黒ずみが気になる方はどうぞお気軽にご相談ください。

 

乳輪の黒ずみの記事はこちらをクリック↓

【悩めるオトナ女子の保健体育】 乳輪の黒ずみ

 

 

 

image

 

image

 

 

1 2